2020年04月水有利古戦場 本戦最終日

古戦場

さて最終日も追い込みに入ったあたりでしょうか?

古戦場をしっかりと楽しんでいる方々にとっては、ここからの時間が楽しい(?)追い込み時間なのではないかとおもいます。

個人的には、相手を追いかけて追い詰めて追い越すあの感じは嫌いではないのですけども、今は予選A突破団の所属なので、そういったシーンはまぁ無いですね。

最終日は恒例となっていて、だいたい肉放出なお祭り騒ぎです。

ただ、個ラン狙いの方が多いのか、最終日は相当お肉が排出されるイメージ。

結果として、最終日の勝率はそこそこあるのではないでしょうか?

気のせいかもしれませんけども。

本戦振り返り

100HELLのつらみ

予想通りではあるのですけども、100HELLは私には結構しんどかったですね。

一応ソロで倒せるものの、1戦で10分以上かかってしまいます。

これはだいぶ早かった例ですね!

平均すると12分後半くらいかと思います。

今日はのんびりとユーチューブを見ながらやっていたので、15分くらいかかってるバトルもチラホラありました。

早い人だと4分切りは当たり前だそうです。

あなおそろしや……

装備編成はほぼ変わらず

装備編成はこんな感じ。どのみち通常上限なんてほぼ出ないので、終末4凸を抜いてフィンブルを足しました。

そもそも、時間はかかるものの手動で150HELLと戦う場合は、ほぼ負けることはないので、どっちでも良かったといえばよかったのですけども、こっちのほうが通常ダメが若干伸びたので採用です。

水武器はあまり多種もっていないので、融通効かせられませんでした。

巷では、メテオラ(イングウェイ解放武器)の最終上限解放が実戦投入された感じで多少話題になっていましたが、残念ながら4凸できないので未使用です。

攻刃、背水、堅守というスキル構成なのですが、1本でも結構安定度が変わるらしいです。

試してみたかったですね!

結局の所、高難度バトルの場合は渾身よりも背水のほうが強いんだろうなって思います。

高難度の場合はどうしても被ダメが増えますし、渾身維持が厳しいので。

というか、今思えば半分意地っぽく技巧に寄せてますが、技巧無視して組み直したほうが強いような気もしてきました……

あとで試してみましょう。

この後の予定

このあとは、ガチ団所属でもない私は、保持しているお肉を全部消化して、あとは団員の方が流してくれる150HELLに乗っかっていく感じになると思います。

現時点の残弾数はこんな感じで、150HELL9回分ですね。

最後まで走り切る団ではぶっころ案件かと思いますが、こんな感じが許されるのが予選突破団です。

すばらしきかなフリーラン。

ただ、ちょっと気になっているのが個人ランキングです。

今時点でこんな感じなのですけども……

これ、このまま放置したら12万位以下に落ちてしまうやつです。

めったに12万位とか行かないので、できれば維持したいなぁとは思う所存ですけども、どうなるかはわからないですね……

4億くらいまで貢献度伸ばしておければほぼ行けそうな気はしているのですが……

最終的な結果はまた別の記事でまとめることにします。

前回古戦場の情報ってすっぱり忘れてしまうので、それこそログ的な意味で記事にしておきます。

成長を感じられたりもしますしね!

タイトルとURLをコピ