【グラブル】強くなりたいです!

今回はちょっち趣向がちがくて、なんとかグラブル界で強くなりたいという私欲にまみれた記事となっております。
決意表明見たいな意味も含みます?

何か思ってたより長い記事になりました。
長いです!字が苦手な人は要注意です!

何故強くなりたいと思うのか

eye
ちょっと自己分析してみましょう。

RPGを謳っている以上、主人公PTが強くなっていく事はある意味ゲーム側からの要求の一つです。
ストーリーを進めると敵が強くなっていくのもこのゲーム性の為で、少しずつ高い壁が用意され続けているという事。
もっとストーリーの続きを見たい!という欲求を満たすために、強くなりたいと思うことはありますね。
また、お友達と一緒にプレイしているとかだと、競い合う為に強くなりたいと思うかもしれません。
単純に、日課の島ハードや共闘でもう少し楽がしたいと思うのもあります。
色々ありますね。

強いと何かいいことがあるの?

強いと何か良いことがあるのでしょうか?
これについても少しだけ考えてみます。
考えた結論としては、良いことがたくさんあると思いますます。
一つ一つ見ていきましょう。
ほぼ私見ですので、そこのところはよろしくお願いします。

イベントに余裕が生まれてくる

20
強くなると、イベントの走破効率が格段に上がってきます。
先の四象朱雀TA記事にも言えることですけども、ソロ討伐に1回3分以内で終われるのと、1回10分かかる場合は、乱暴に考えたら時間効率にして約3倍の速度で四象の輝きを貯めていくことが出来ます。
また、ソロ討伐が出来ない場合は、救援待ちという自分にはどうしようもない次元での待ち時間が発生します。
四象イベントに限らず、トレジャーを集める系のストーリーイベントであったり、レアドロップが欲しくなる(アンノウン武器とか)イベントでも、ソロで回せる回数が増えれば増えるほど機会が増えるということです。

7日あるイベントで目標を設定して、回せるだけ回しますと、そのうち目標は達成できると思います。
達成出来ないくらい高い目標を立てた場合はちょっと具合が違いますけども、それはそれ。人それぞれの楽しみ方ではあると思います。
若干それましたけれども、同じ目標でも、メインボスをソロ討伐出来る人は3日で終わったとしても、出来ない人では、より多くの時間を費やす必要があるでしょう。
基本的にはイベントがずっと続くソシャゲで、イベント外の事をいかに出来るかが強さに繋がる一つのファクターだと思われます。

ただし、ハーフエリクシールやソウルシードなどの消費もマッハになるのですけど、とりあえずそこからは目を逸らします。

武器育成の代名詞?マグナ確定流し

40
パーティの強化に欠かすことの出来ない方陣攻刃武器集め。
私は確定流しとか全然出来ない頃からふらふらとマグナ遊びしていたりしましたけども、その頃は正直 SR 方陣武器を集めている感じでした。
マグナ戦を自発して確定流しが出来るようになると、格段に SSR 方陣武器の集まりは良くなってきます。
というのもみなさま御存知の通り、赤箱は基本的にイイモノのドロップ率が非常に良く、普通の金箱とくらべても倍じゃきかないくらいドロップ率が違います。

自発した時点で赤箱1コは確定していますけど、バトル中貢献度を1位で終えるとMVPとして赤箱がもう一つ貰えます。
このMVPを確定させてから救援を出して、集まってくれた人と一緒に一気に倒す。
これが確定流しの基本的な流れかと思います。
MVPは、敵のHPにもよりますけども、ざっくり半分くらいソロで減らすことが出来れば大抵はMVPが取れます。
油断して残りHP1/3くらいで救援を出すとはいんちゅの方が入ってきて颯爽とMVPをさらって行かれたりもしますけども・・・
島ハードなどでよく見られる光景ですね。
オーバーキル分も貢献度は入るので、そのあたりだと思います。

ドロップには各人の運が絡むとはいえ、イイモノが入っていやすい赤箱が2コ貰えるのと、1コしか貰えないのではやっぱりドロップ収集の速度にも関わってきます。
(大抵は)母数が多いほうが当たりやすくなっていくので。

つまり、強くなれるとこのマグナ確定流しも容易になり、SSR 方陣武器の収集もはかどるというわけです。
はかどるだけでいっぱい出るわけではないのですけどね・・・

単純に気持ちいい

私の場合、最終的にはココに落ち着きそうです。
そもそもが強くなることが目的のようなゲーム性なので、強くなっていくと気持ちいいです。
先に挙げたマグナ確定流しにしても、今は出来なくても二ヶ月後には出来るかもしれません。
復刻イベントを経験するとなお分かりやすいかと思います。前回はあんなに苦労したのに今回はオートプレイでいけるわーとかよく聞きます。
私の場合は始めてからイベントが復刻したこと無いのでまだよく分かりませんが。
自分のPTの成長を感じやすいゲームなので、そういう点がとっても気持ちいーですね。

今の自分の位置を見つめなおす

なんとなく何故強くなりたいかはわかってきました。
この辺りで、自分の位置を少々見つめなおしてみましょう。

騎空団の事

50

最初の団

4月から私は新たな騎空団に所属を変えました。グラブルを始めてから3つ目の騎空団になります。
そもそもグラブルを始めたきっかけが、ネットコミュニティ内からの煽りで始めたという経緯もあって、最初はその誘ってきたお友達の作った団に所属しました。
しかし、こともあろうかそのお友達、自分で作った団なのに、私が入って早々に団を抜けて古戦場を戦える団に行ってしまいました。
上を目指したくなったお友達的には、団サポが常時発動しているだけで、古戦場や団内でのイベント等が何もない雰囲気の団を軌道修正する労力を考えると、退団という選択に至ってしまったという事でしょう。
その行為や思想を攻めるつもりは全く無いのですけど、寝てる間に団長を押し付けられた別のお友達を見てニヤニヤしていたのは公然の秘密です。
いじられ役ってどこにでも居ますよね!

二つ目の団

そんなゆるーい感じの騎空団で遊んでいたのですけど、ランク80になった頃に私も物足りなさを感じたので、退団していった元団長の口利きで、古戦場の本戦が戦える団の末席にそっと入れてもらいました。
流石に本戦には毎回出ている(勝っているとは言わない)団だけあって、最初の団とは活性度がえらく違いました。
プロバハやマグナもそこそこ団内に流れてきていましたし、団チャットもそれなりに。

現在の団

と、いい感じな団ではあったのですけど、ここでまた上昇志向の高い元団長なお友達。
前回の古戦場のあとに、その団を退団して新たな団を旗揚げする事を決めたとの事。
目標は古戦場3勝を掲げていて、ある程度意識のある人を求めています。
どちらかと言うと私はお友達とワイワイ遊ぶのが好きなので、その団に身内枠として入れてもらう事にしました。
もちろん寄生にならないように、団貢献には尽力するつもりです。

『元団長』改め『また団長』ですけど、彼の積極的なスカウト活動もあって、二週間くらいで人数上限の30人に達しました。
団員の皆さん意識も高く、団チャットも頻繁にあるし、グランデやプロバハもブンブン流れてくるような活性の高い団になったと思います。
平均ランクも100を超えているし、アクティブ率もかなりの物かと思います。

ようするにみんなつえーんです。
つえーんですよ!

団チャで漏れ聞こえる会話の端々から、今時点の私からみて2~3枚壁の向こうの会話が多いですね!
『また団長』は私から見て、控えめに申し上げて頭おかしいレベルに強いんですけども、そこらへんのクラスの人がゴロゴロ団内に居るわけですよ。
そりゃ会話の内容もランクアップされるという訳です。

だからこそ見えてきた欲求と悩みが浮き彫りになりました。

団内マルチで見える自分の位置

こういう強い人達が集まってくれて、団的にはとってもいいことです。
騎空団に所属している意味の半分くらい?は古戦場イベントに依るところだと思いますし、自分一人では辛いマルチなども優先的に手伝ってもらえたりするのも良いことですね。
これだけ強者が集まると、プロトバハムート戦ジ・オーダー・グランデ戦も団内処理が出来るのですけど、そこで見せつけられる強者の実力に対して、自分の戦力に憤りを感じてしまう私が居るわけです。

貢献度順位

マルチ戦では自分の貢献度が、参加者の内の何位に位置するのかが表示されます。
ちなみに知らない人も多いのですが、参加者ボタンを押して一覧される参加者は左上から順位で並んでいます。
この際自分は常に左上に表示されているので、そこだけ飛ばして表示される事になります。

そのマルチ戦での自分の位置が丸裸にされるわけですね!
サボっていたら結構わかります(´・ω・`)

ここで表示される順位の低さに、憤りを感じている昨今です。
この感覚は、格ゲーで格上と対戦していてどうやっても勝てないあの煮える感じにとっても似ています。
格ゲーの場合ですと、そのままトレモに突入してある程度修行することが出来るのですけども、ソシャゲであるグラブルはそうもできません。
練習すればうまくなるといった類のゲームでも無いですしね・・・
だからこそモヤモヤするのです。

団内のランク順

今の団は、ほぼほぼ皆さんランク100を超えているのですけど、私はまだ90台です。
団員さんは30名いる状態で、私よりランクの低い人は4人だけです。
つまり、私は下から5番目って事ですね。
団内ランク順だと私は26位です。

この状態で、先の団内貢献度順位上位に食い込みたいと言うこと自体がおこがましい気もするのですけども、それでも食い込みたいのだから仕方ありませんよね。
ネトゲで上を目指す事を意識したのは久しぶりです。
グラブルは、確かにランクもある程度は必要かと思いますが、強さ=ランクではない部分が大きいので、ランク上位の人たちにも迫ることは可能だと思っています。
現に、野良マルチとかだと、タイミングにもよりますがランク100超の人からMVPを奪取出来ることもままあるので、余計にそう思います。

団内マルチの代名詞であるプロバハ戦などですと、団員さんが17名くらい参加した中で、8位とか9位には毎回入れているのですけど、要するにこれを5位以内に入れるくらいには強化したい今日このごろ。
ただし、たかだかプロバハなので、ある程度余力を残して参戦している方が大半かと思います。
そこんところは理解しているつもりですので、プロバハ戦の際の私の貢献度ランクについては、まだ見ぬ実力者が本気を出していない状態での順位だということは肝に銘じておかなければいけません。

飾りとはいえ役職持ちという事

32
私が最近強くなりたいと思う一因として、これも一つの理由だったりします。

そう、団内の役職が「副団長」なのですよね・・・!
しかも団員の一覧は入った順なので、見事に2番目に位置する副団長。
実力もそれなりなんじゃないの!?みたいな雰囲気があるわけです。全然そうでも無いのはすぐに分かってしまうのですけどもね・・・

この副団長という役職に対して、重荷に思っているとかは全く無く、いい感じにモチベーションに繋がっています!

ただ、ランクの割にはそこそこイイ線行ってんじゃないかなぁ?とは思うところもあり、この思ってることを裏付けるためにも、余計に強くなりたいループへ導かれるわけで。
今トップを取りたいわけではなく、より上位へあがりたいという欲が、いい感じにモチベアップに繋がっています。
とりあえずはこの、「ランクの割には」って接頭語を外せるように、戦力を強化していきたい所存です。

結局はマグナ遊びに帰結します

出来る努力はもちろんヤル

キャラのレベルを上げれば純粋に基礎攻撃力が上がることになるので、ある程度は強化されますが、流石にこの段階はもう過ぎていると思っています。
次に召喚石ですが、これはリアルラックが絡みすぎますし、お金の力を借りてもどうしようもない場合もあるので、バハルシグランデという石については除外しておきます。
ただ、どうしようもないから、と完全に捨てるのではなく、例えば今ですと討滅戦が恒常化されており、4凸召喚石が無課金で手に入れられる状況です。60%属性石は十分使える召喚石ですよね。
また、マグナ武器がある程度揃ってくると、マグナ3凸召喚石を使用したほうがダメージが増えます。
いわゆるマグナ運用ですが、これはフレ石にマグナ石を求めるよりも、自分の石をマグナ石にしてフレには属性50以上の石を求めたほうが良いと思います。
全属性マグナ100%石を並べているような人は、おそらくあんまし居ないと思いますが、全属性50%石を並べている人は全然たくさんいるからですね。
単純にフレンドにする際の母数の違いです。マグナ石の3凸は自力で揃えられます。

こういった努力でなんとかなる部分はもちろん努力していきたいと思います。
そのうちバハムートは引けるはずなので、闇以外の属性の事ですけどね!

やっぱり最初から答えは出ているマグナ遊び

33
で、結局は見出しの通りなのですけど、マグナ遊びを繰り返して方陣Ⅱ武器をかき集めるのが結論になると。
先のイベント直前で、リヴァマグをたくさん倒してリヴァ短剣をかき集めていましたが、マグナ武器は集めれば集めるほど強くなれるのを実感出来ます。
巷を探せばいくらでも武器の理想編成とかありますが、そんな高みを見据えなくても、とりあえず属性一色で武器構成を染めて、そこから順次SSR方陣攻刃武器に入れ替えていく段階で強くなっていく課程をしっかり実感できます。
もちろんスキルレベルも上げる必要がありますが、この、強くなれる実感を得るって言うことはすごくモチベーションに繋がりますね。
モチベモチベって少々鬱陶しい気もしますが、所詮はゲームなので、楽しくなければダメでしょう!と思うわけです。
私はそれなりに飽きっぽいので、高いモチベーションを保っていられるグラブルが今はとても楽しいです。

目的に向かって目標を立てて突き進むことは、カタルシスを得る為の大切な指針かと思います。
どう?ちょっとイキってる感じ出てるでしょう?
厨二っぽいセリフもたまには吐いてみたりするのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ななしのナナジン より:

    本選いける団に所属してる時点で勝ち組ですね(憤怒)
    私は逆に弱小団で団員の成長を見守る立場にありますが、力をつけてくれるっていうのはいいものですね。やる気がある人は優遇したくなっちゃいます(笑)ので可愛がられるよう立ち回れば早く強くなれるかも?

    • シャルリーン より:

      コンニチハ!
      団長さんでしたか。グラブルの団長業務は大変かと思いますが、頑張ってください><

      今の団は設立して初の古戦場なのですけども、私以外の面々を見ていると予選突破は硬そうです(白目)
      団イベでは自分に出来ることをやるのが大切だと思いますので、しっかり頑張ります!
      私はいわゆるガチ勢では無いのですけど、ヤル気勢には分類されるかなぁ?

  2. 別な無課金Blog管理人 より:

    遅レスすみません!

    この記事、すごく好きでした!wコメント書こうと思ってましたが、
    シャルリーンさんと一緒で月末ちょっと忙しくてできませんでした。

    自分は強くなりたい願望は希薄ですが、ここがスゴイ分かるところで
    「副団長」として、団の創立に関わったという部分。
    ゆえに他には負けたくないという気持ち。ここはすごく分かります!

    ななしのナナジンさんも団長みたいですがw
    やっぱり肩書あるとちょっと気が引き締まるんでしょうね!(←万年平団員w

    • シャルリーン より:

      あ、どうも!毎日更新されてる記事はバンバン読ませていただいています。

      妙に時間をかけて書いた記事なので、好きと言って頂けて妙に嬉しい感じです。
      この記事は完全に私のエゴなのですけどもw

      もともと格ゲーとか好きなので、単に負けず嫌いという事もあるんでしょうが、肩書で気が引き締まるは確かにあるかと思いますん。
      気軽に楽しめる部分と、しっかり頑張りたい部分、色々あるので、まだまだグラブルで遊べそうです♪